脂溶性ビタミンc

脂溶性ビタミンCって一体どういうこと?

脂溶性ビタミンC、という単語の意味を考える

「脂溶性ビタミンC」――――ちょっと詳しいひとなら、この単語に、「あれ?」という疑問を抱くかもしれません。というのも、ビタミンCはそもそも水溶性であり、脂溶性ではないからです。そのため、ビタミンCを取り入れるための調理方法として、「炒める」という方法が取り上げられ、「煮る」という方法はイマイチ、とされているんですよね。
では、この脂溶性ビタミンCというのはどういうことか。これはより正確にいうのなら、脂溶性ビタミンC誘導体、ということです。つまり、「ビタミンCそのもの」ではなく、「誘導体」として、体の内側から働くタイプのものですね。この脂溶性ビタミンCは、油となじみやすいので、化粧品としてよく使われています。

脂溶性ビタミンC誘導体と水溶性ビタミンC誘導体の違い

脂溶性ビタミンC誘導体と水溶性ビタミンC誘導体の違いを考えていきましょう。脂溶性ビタミンC誘導体はとても安定性が高く、しかも肌への刺激が少ないです。「敏感肌であっても使える」とされているのはこのためです。即効性、という面では劣りますが、このような点は非常に魅力的でしょう。
しかしながら脂溶性ビタミンC誘導体にしろ水溶性ビタミンC誘導体にしろ、「一般ユーザー」として使ったとき、その違いはほとんどわからない、というのが普通です。神経質になる必要はありません。

 

 

ビタミンC誘導体で素肌美人